「自然体験あそび」実施のご報告です

(5月23日、中里市民の森・ボーイスカウト我孫子第2団野営場にて開催)

前日の雨もどこへやら。スッキリとした晴天の下、「自然体験あそび」を実施いたしました。当日は19組のご家族、26人のお子さんのご参加を頂きました。改めてご参加の皆様に深く御礼申し上げます。
今回は、当日行いましたあそびの数々を、写真とともにご紹介させていただきます。

ご参加の皆様
当日は19組26名のお子さんのご参加をいただきました。ありがとうございました!

「外で遊ぶことの楽しみを、みんなで体験!」

当日は全部で6つの遊びを通じ、作ることの楽しさ、遊ぶことの楽しさをみんなで体験いたしました。
まずは「わっかひこうき」。シンプルな作りですが、立派に空を飛びます。折り紙を使い、下の写真のように折って丸くすれば完成!

わっかひこうきの作り方
これは「わっかひこうき」の作り方。うまくつくれたかな?
わっかひこうき風景
みんな、いっしょうけんめい「わっかひこうき」つくりにとりかかっています。

次は「火起こし」。キャンプに行ってご飯を食べたり、暖かくするには火が大切です。今回は、「マッチ」と「火打ち石」を使い、5分以内に張った縄を焼き切るという、少し難しいゲームに挑戦しました。

火おこし風景
キャンプにかかせない火おこしです。今回はゲーム形式。大人も縄を焼き切ろうと真剣です。

これはマヨネーズの空きパックに水を入れ、水圧で新聞紙を切って、ぶら下がっている景品をゲットするユニークな「射的」です。みんな、景品はゲットできましたか?

射的風景
マヨネーズの空きパックをつかった「しゃてき」です。

中里市民の森には太い木々も生い茂っています。その木を使ったあそびの1つ目がこの「木登り」。普段はなかなかできない遊びですが、縄ばしごを使ってチャレンジしました。

木登り風景
ふだんはなかなかできない木のぼりにもチャレンジ!

2本の木の間に張った2本のロープを使って渡る「ゆらゆらロープ渡り」は、バランス感覚が大切なゲーム。遊びを通じて体力づくりもできますね。

ゆらゆらロープ渡り風景
ゆらゆらロープわたりはバランスかんかくがたいせつです。

最後は「ターザンロープ」。木の上から垂らした1本のロープにぶら下がり、揺れを楽しんだりできる遊びです。

ターザンロープ
ターザンロープはスピードかんが楽しいあそびです。

次回は2021年秋季を予定しております。

次回の自然体験あそびは今年の秋を予定しております。ご案内は「広報あびこ」、当団ホームページ等で行います。ぜひお楽しみください。

(「自然体験あそび」実施にあたり)
現在、新型コロナウイルス感染症ならびに「非常事態宣言」「まん延防止等重点措置」実施中ではございますが、開催しました千葉県我孫子市は「まん延防止等重点措置」にあたり、本イベント実施にあたり、以下の点に注意し行いましたことをご報告申し上げます。
・参加者人数の制限 ・参加者の感染防止策(複数の班に分かれ、一つのコーナーには最小限の人数に留める。マスク着用と都度のアルコール消毒などの実施)など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です